ダイレクトメールの効用とは何か

企業が行う宣伝活動の一環として、よく見られるのがダイレクトメールです。ダイレクトメールの種類はさまざまです。チラシやはがきを郵送する方法のほか、郵送ではなく直接ポストに入れるポスティングによるダイレクトメールもあります。他にもFAXやメールを使ったダイレクトメールもあります。しかしダイレクトメールを受け取ってもよく読まずに削除してしまうという人も少なくなでしょう。そのためダイレクトメールにどれほどの効用があるか疑問に思う人もいます。しかしダイレクトメールは新規の顧客を獲得する目的以外に、すでに顧客となっている人への他の商品やセール情報などのお知らせなどその目的はさまざまです。1度のダイレクトメールで多くの顧客が確実に獲得できるというわけではありませんが、購入しようと考えていた人がダイレクトメールを受け取り、購入の後押しをされるという場合もあるのです。

多くの消費者に見てもらえるダイレクトメールとはどんなものか

ダイレクトメールを利用するにあたって、一番重要であるのが、まず見てもらえる工夫を行うということです。封筒に入ったダイレクトメールを送る場合、封筒を開封してもらわなければ、中身の内容まで見てもらうこともできないのです。そのため封筒に会社名や宛先のみが書かれた簡素なものだと見てもらえず、ダイレクトメールを送った意味がなくなってしまいます。そこで企業の宣伝活動で有効的なのがはがきを使用したダイレクトメールです。はがきであれば開封する必要性がないため、例え受け取ったあと捨ててしまう場合でも、捨てる間際に内容を確認してもらえる可能性があるのです。またより多くの消費者の目にとめるためにはダイレクトメールに割引券を付けるか、あるいはプレゼントを用意し、その引換券をつけることで多くの効果を得られる可能性があります。

一目でわかりやすいダイレクトメールとは

ダイレクトメールは中を見てもらうことが非常に重要ですが、中身の内容が一目でわかりやすいことも大切です。中を見てもらえたところで、伝えたい内容を文章にしてダイレクトメールにのせたところで読んでもらえる可能性は極めて低いです。わかりやすいダイレクトメールとはまず何を一番に伝えたいかを一言や一文にして決め、その文字や文章を大きく掲載することが大切です。ダイレクトメールには詳しい内容をのせなくてもよいのです。しかし詳細に関して知りたい人はどこで知ることができるのかはきちんと掲載しておきましょう。また言葉や文章だけではなく関係性のある写真やイラストなども一緒にのせると効果的です。写真やイラストは視覚的にとらえることができるため、受け取った消費者も内容に関してイメージがしやすくわかりやすいダイレクトメールといえます。

圧着はがきの印刷~発送までOK。サポートも安心! DMの印刷・宛名印字・郵便料金お得!まるごとお任せできて、安い!早い!ラク!DMパックにお任せください! お電話でのお問合せは平日月曜日から金曜日までの9時~19時まで受付中です。 福岡本社を始め東京支社、大阪営業所の3拠点を軸に日本全国のお客様の販促活動をサポートいたします! DMパックでダイレクトメール作成して集客効果をアップさせよう