ペーパーレス時代のダイレクトメールとは

ダイレクトメールとは個人や企業に向けて、商品案内やカタログなどを送ることを言います。ダイレクトメールを送ることによって自社の宣伝にもなり、集客効果もあるので商品販売を行っている多くの企業がこの手法を使っていて、リピート率を上げて、新規で顧客を獲得する為に便利な手段ではありますが、チラシと比べると価格が高いというデメリットもあるので、費用対効果を高めるにはリピート客を狙って送ることが多いです。また、ダイレクトメールにはカタログの他にもハガキや封書があり、企業の予算や内容によって、どういった形のダイレクトメールにするかが決められます。送る量によっては自社で作成や印刷をした方が安く抑えることもできますが、あまりに多くの量だと作成作業に時間を費やしてしまうことになるので印刷会社に依頼した方がいいでしょう。

ダイレクトメールのメリットやデメリットとは

ダイレクトメールを送ることにはメリットとデメリットがあります。メリットとしては、商品案内をカタログや冊子にまとめることで、相手へ一度に様々な情報を与えることができ、相手の反応を見ながらカタログの仕様や商品の入れ替えを検討することができるということです。デメリットはコストが高いということと、相手の住所などを予め知っておく必要があり、無料でできる会員登録をしてもらいそこから情報を取り込むという工程が必要になります。また、ダイレクトメールの仕様や内容なども大切なので、作成前にデザインや文章などを決めておきましょう。リピート率を高める為には、クーポンや割引券といった特典を同封しておくと相手に購買欲を生ませて商品購入に至らせられる可能性があるのでおすすめです。また、購入者の中でも1ヶ月にどれだけの購入履歴があるかもリスト化しておくと、ダイレクトメールを送る際に役立ちます。

目に止まるダイレクトメールの作成方法とペーパーレスでの送り方

ダイレクトメールの仕様は、相手の目に止まるようなものにしなくては意味がないのでデザインや文章は慎重に検討するようにしましょう。文章は、長いものだと途中で読む気をなくしてしまったりするので簡潔に重要なポイントを抑えたものにし、デザインはおすすめの商品が見やすくなるようにすると良いです。また、少しでもコストを削減する為にも紙の質なども考えて予算内に収まるようにすることも大切です。封書やハガキ、カタログなどを送ることが主流のダイレクトメールですが、近年ではペーパーレスでメールやSNSを通じてダイレクトメールを送る企業も多くなってきています。紙媒体だと捨てる手間がかかると敬遠する人もいますが、ペーパーレスのダイレクトメールだと手間もかからず、パソコンやスマートフォンで手軽に見てもらうことができるのもメリットです。