中身を充実するためにダイレクトメールはどう活用すべきか

ダイレクトメールは、不特定多数の方に文字と写真を使って直接宣伝をするものです。ハガキだけでなくカタログやA4変形のチラシのような形のものもあります。一度使ったことのあるお店で住所などを記載したことがある方は受け取ったことがあると思います。また地区限定など、利用したことがないお店から、ポスティングなどを通じて配布している場合もあります。このようにダイレクトメールは主にリピーターを狙った戦略のひとつとして活用されています。リピーターの方に送るわけですから、会社の説明をする必要はありませんので、以前購入した商品のアップグレード版の情報や新商品の情報を送ることに集中することが大切です。折り込み式のダイレクトメールは多くの情報を乗せられるメリットもありますが、めくらなくては情報が見られないデメリットもありますので、目に付く面に、インパクトを与えることが大切です。

ダイレクトメールの魅力とは、どのような点なのか

ダイレクトメールの魅力は、送る側としてはリピート率を上げることですから、それが伝わるようにメインで語りたいところを大きく持ってくることが大切です。ではもらう方のメリットはいち早く情報がもらえるという点です。ですから欲しい情報が目に飛び込んでくることが大切です。またおまけがもらえる、値引きをしてもらえるなどの特典があると、さらに興味を引くことになります。お客さまが欲しい情報は新商品とお値打ち商品、この二つは意外と大きいようです。そして言いたいことはシンプルに前向きにという点も大切です。ハガキサイズの物で送るものですから、多くの情報を詰め込むと、何を言いたいのか、何を伝えたいのかがわからなくなります。極端なダイレクトメールなら、値引き券だけでもいいのです。長々と文章を書くよりも、それだけでリピーターを獲得できるきっかけをつかめます。

ダイレクトメールで大切なことは一目でわかる、わかりやすさ

ダイレクトメールは情報が目立つことや、再来店してもらうことが主な目的ですが、人としてご挨拶をマメにすることで、忘れられないようにするという種類のダイレクトメールもあります。時候の挨拶とともに、講演会の案内や、店舗改装の案内などのご挨拶をするものもあります。これはシンプルかつ丁寧な文章が求められます。失礼な文章を書けば、印象を悪くしますし、長々と文章を書けば結局読んでもらえないことが多いです。また文章のレイアウトも大切です。このようにダイレクトメールは読んでもらうよりも、見てもらうことが大切になります。色々な工夫がありますが、見たくなくなるような情報の多いものは、費用に対して効果が少なくなりますので、第一に考える必要があります。わかりやすいということは非常に重要です。