情報の充実がダイレクトメールには必要である

もし魅力的なダイレクトメールを作成しようとした際、色々な事を考えます。魅力的な文章とは何か、読み手にきちんと伝えるような文章を作成するにはどうしたらいいか、それをご紹介します。ダイレクトメールには明確な目的が存在します。新商品の告知やキャンペーンの告知など、それぞれの目的によってターゲットも違います。ダイレクトメールを作成するケースで一番重要な事は、レイアウトです。文章ばかりのダイレクトメールでは、殆どの人が目を通してくれません。やはり写真をメインに置き、その写真で半分くらいの内容を伝え、文字ではその写真に対しての補助的役割を担う形にするようにしましょう。そして、これはあまりやりたくない事かもしれませんが、悪い事も少しは伝えましょう。良い事ばかり書き連ねたところで、逆に胡散臭く感じてしまいます。ですので、良い事だけではなく悪いことも伝えましょう。

きちんと効果の出せるダイレクトメールの作り方

ダイレクトメールはwebの広告と違い、表現できる枠が決まっています。その為、何の商品情報を載せるかという取捨選択が必要となってきます。限られた用紙の中でいかに全てを伝えるかということになると、どうしても取捨せざるを得ません。そこで、ダイレクトメールで必要な情報というのは何かという事になりますが、一番はキャッチコピーです。このキャッチコピーというのはかなり重要で、この一言で簡潔に伝えるかということになります。次に大切なのは、商品の説明と商品へのメリットとデメリット、あとは新商品の場合は発売する前にモニターさんに使ってもらい、その商品の声を集めているので、そういったモニターさんの声を載せるのも必要です。お問い合わせ先や会社のホームページのURLなどを最後に載せます。

ダイレクトメールで顧客を引き付ける魅力

大概の人は、郵便受けにダイレクトメールが入っていると、そのまま中身も見ないで捨ててしまう人が多く、開封したとしても中身をじっくり読んでくれるような人は殆どいません。ですが、そんなダイレクトメールに一瞬でも目を向けてくれたら、しめたものです。その一瞬でも目を向けさせるダイレクトメールにもいくつかの法則があります。まずは、ダイレクトメールを見る人の視線をコントロールすることです。新聞や雑誌などがいい例ですが、やはり人間というのは大きい文字にまず視線を向けます。そこにキャッチコピーを当てはめるのです。そのキャッチコピーが魅力的なものであれば、その先に書かれている小さな文字などもじっくり読んでくれるようになるのです。そして、年齢が上になればなるほど、縦書きが好まれます。縦書きで書く場合、Nの字を書くように文章を作成していきます。